御蔵酢

tel:05979-3-1660

蔵紹介

蔵の紹介

遠い昔の記憶がここにはあります

もの言わぬお酢の「声」に耳を傾け、長年の経験に基づき「会話」をしながらお酢を育てる。
それが「蔵人」です。

昔ながらの木桶をつかい、静かに自然の力を借りながらお酢を醸します。
寒いときには木桶を暖めて、暑いときには風を入れて冷ます。
自然との対話が美味しいお酢造りの基本です。

今日も蔵の奥で「蔵人」はお酢と会話します。
「お酢を出荷するのは我が子を送り出す思い」
そんなお酢をより多くの人に味わって欲しい。

御蔵酢は伝統の製法を守りつつ、現代のライフスタイルに合わせたお酢を造り続けています。